メンズ専門スタイリスト松田裕紀のブログ

大阪府堺市中百舌鳥町にあるメンズオンリー美容室CLOVERのスタイリスト Yuki Matsuda のブログ

ヘアスタイル 未分類

【増えたら凹む】白髪の予防・改善方法

投稿日:2018年1月25日 更新日:

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』

なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です

 

ご予約はHOTPEPPER Beauty

又はLINE@からできます!

友だち追加

 

質問箱でネタを募集していたのですが、頂いた質問を見る方法を知らなくて、たくさん質問を頂いていたことに気づきませんでした…

大変申し訳ありません!!

 

という訳で今回は質問箱に頂いたご質問の中から、「これはすごくいいネタだ!」と思ったものに回答していきたいと思います

 

その質問というのがこちら

ご質問、ありがとうございます!

 

先日、「白髪は抜くべきか抜かざるべきか」という記事を書いたときは、詳しい改善方法までは言及していませんでした

 

なので今回は、白髪についてより掘り下げて書いていきます

 

 

スポンサーリンク



白髪の原因あれこれ

具体的な改善方法を説明する前に、「何故白髪になるのか」という原因を詳しくご説明したいと思います

 

白髪というものは、髪の色をつくる色素(メラニン)が不足するからなのですが

そのメラニンは、毛根の下部にあるメラニンを合成する細胞(メラノサイト)が作っています

 

メラノサイトが働かなくなる原因は、単に老化遺伝によるものから、普段の生活習慣が原因になっているものまで様々なのですが、予防することや進行を遅らせることは可能です

 

主な原因としては以下の4つになります

 

【1】血行不良

メラノサイトは栄養を受け取ることで正常に働きます

そしてその栄養を運んでいるのが血液なのですが、血の巡りが悪くなると頭皮まで栄養が供給されず、結果メラノサイトがメラニンを合成できなくなります

 

【2】食生活

頭皮の血行が良くてもその血液の中に充分な栄養が無ければ栄養不足を引き起こしメラニンが作られません

 

【3】睡眠不足や不規則な生活

不規則な生活をしていると、自律神経のバランスが乱れます

自律神経は成長ホルモンの分泌や、全身の血行などをコントロールしているのですが、それが乱れることにより新陳代謝血行が悪くなります

血行が悪くなると…さっき書いた通りですねw

 

【4】ストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れます

自律神経が乱れると血行が悪くなり…【1】に繋がります

 

 

以上をまとめると

「何らかの原因で血行が悪くなったり、栄養不足になるのが白髪の原因」

ということなのですが、次は具体的な改善方法をご紹介していきます

 

白髪の予防・改善方法

【改善その1】規則正しい生活を心懸ける

毎日寝る時間や起きる時間がバラバラだったりすると、自律神経が乱れる原因となります

就寝起床の時間をできるだけ同じ時間にし睡眠不足などを防ぎ、生活リズムを整えて、自律神経のバランスが正常になるようにしましょう

 

 

【改善その2】ストレスをできる限り解消する

ストレスを溜めるな!と言われても人間が人間である以上それは不可能です

自分では感じていないつもりでも、無意識のうちに溜まっていることもあります

 

好きな音楽を聴いたり、スポーツをしたり、解消方法は人それぞれですが、自分に合ったストレス解消法を見つけ定期的に発散しましょう

 

「お前に言われんでもわかっとるわ!」と言われそうですね

余計なストレスを与えてしまいました

すみません

 

ストレス改善にはリラックスをして副交感神経を活性化させるのが重要らしく、最も簡単にできる方法の一つとして深呼吸があります

一度全ての息を吐き切り

なるべくゆっくりと吸い込み

吸った時間の倍の時間をかけるイメージでゆっくり吐き出す

というのを数回繰り返すだけでも効果的らしいです

 

これなら場所を問わずどこでもできますね

しかし、間違っても満員電車の中ではやらないでください

前にいる人に吐息が降り注ぎ、

「なんか後ろのやつハァハァ言うてる!キモっ!」

変態扱いされても責任は取れません

 

 

【改善その3】食生活の改善

メラノサイトがメラニンを生成するために必要な栄養を含んだ食べ物を意識的に摂るようにしましょう

そのためにはあらゆるビタミンやミネラルが必要なのですが、どういった食べ物に含まれるかをご紹介します

 

ヨード(ヨウ素)

ヨード細胞の成長を助け、メラノサイトを活性化し、髪の新陳代謝を促す作用があります

・ひじき、昆布、わかめ、海苔などの海藻類

・さば、かつお、ぶり、ひらめ、いわしなどの魚介類

に多く含まれています

 

ヨードは甲状腺ホルモンを作る元にもなったりするのですが、過剰摂取をしすぎると逆に甲状腺の機能が弱まり、バセドウ病などの病気を発症する可能性もあるので、摂り過ぎに注意しましょう

 

チロシン

チロシンとは、たんぱく質の生合成に使われる非必須アミノ酸の一種で、ドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンといった神経伝達物質の原料となるものです。

そしてチロシンは、メラニン色素の原料ともなる物質です

・チーズ、脱脂粉乳、ヨーグルト、牛乳などの乳製品

・かつお、しらす、まぐろ、ひらめ、ぶりなどの魚介類

・大豆製品、豆類、アーモンド、きなこ、ごま

などに多く含まれています

 

メラノサイトがメラニンを作り出す際に必要な酵素チロシナーゼと言うものなのですが、そのチロシナーゼの働きを促すのに必要なのがです

銅はミネラルであり、体内では生成できない成分です

・ごぼう、わらび、タケノコ、ほうれん草、きゅうりなどの野菜類

・かき、かつお、はまち、ぶりなどの魚介類

・そば粉、小麦、サツマイモなどの穀類

に多く含まれています

 

この他にも、活性酸素を取り除くビタミンCやビタミンEなどもバランスよく摂取することが大事です

 

 

【改善その4】頭皮マッサージ

頭皮をマッサージし血行をよくして、毛根に栄養が行き渡るようにしましょう

具体的な方法としては、

・頭皮を指の腹で痛すぎない程度に圧迫し、全体を指圧する

・指の腹を頭皮に当て、軽く掴むようにして下から上に持ち上げるように動かす

などの方法があります

その際に爪を立てたり、頭皮をこすったりすると、頭皮に傷がついてしまうので、力を入れすぎないように注意しましょう

ちょっとした空き時間などに2〜3分行うこともできますし、お風呂の中などで行うとより効果的です

 

 

最後に

以上の改善方法を試していただくと、徐々に白髪が改善されたり予防することができます

 

一番大事なのが継続です

目に見える効果がすぐに出るものではないので、なかなか続けることは難しいかもしれませんが、毎日根気よく続けることで、5年後や10年後の白髪の本数は変わっていることでしょう

 

ちなみに、今回記した方法は白髪だけでなく、抜け毛の予防などにも繋がったりします

 

将来が不安なメンズは、健康な髪があるうちから習慣付けていきましょう

 

無くなってからでは手遅れですよ!

 

 

ご質問はこちらからどうぞ

スポンサーリンク







-ヘアスタイル, 未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【お客様スタイル】新生活にオススメ!ツーブロアップバング

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …

『カラーをするとハゲる』のは本当なのか

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   1 …

【お客様スタイル】くせ毛を生かしたパーマ風マッシュ

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …

【お客様スタイル】学生さんにオススメ!ラフな刈り上げのベリーショート

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!     …

やらかし祭

  昨日は久しぶりに遅くまで飲みました ベロベロでした   そして今日は休日 はい、二日酔いです やらかしました   そしてふと、先週の日曜日にTSUTAYAでCDを15 …