メンズ専門スタイリスト松田裕紀のブログ

大阪府堺市中百舌鳥町にあるメンズオンリー美容室CLOVERのスタイリスト Yuki Matsuda のブログ

ぼやき 未分類

クソな大人の言うことは聞いてはいけない

投稿日:2018年5月24日 更新日:

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の

なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です

 

ご予約はHOTPEPPER Beauty

又はLINE@からできます!

友だち追加

 

どうも

 

世間は日大アメフト問題の話題で持ちきりですね

 

松田は朝はスッキリ派なので、毎朝スッキリを見ながら出勤準備をしているのですが

ここ数日はだいたいアメフト関連のお話ばっかりです

 

スッキリしたいからスッキリを見てるのに、話題は暗いし加藤浩次は怒ってるし水卜ちゃんはお休みだしで、今週はモヤモヤしながら家を出ています

 

早く水卜ちゃん戻って来てくれ頼む…!!

 

そんなわけで話を戻しますが、今回の一連のニュースを見て思うことを書こうかと

 

学校の対応や指示した監督が吐き気を催す邪悪というのは火を見るよりも明らかです

あんなもんいい年こいた大人がやることじゃないし、クソな大人だなぁと思います

 

しかし、実際に手を下した選手に責任が100%無いとは言い切れません

事情がどうあれ最終的な判断をしたのは選手本人です

まぁそれは会見までした選手本人も解っているでしょうが

 

なので被害者側からすれば、選手も監督も学校ももちろん全て加害者です

 

でもワイドショーやネットニュース、SNSなどを見ると、実際に手を下した加害者であるはずの選手が、日大の監督などに対する被害者というポジションに持って行かれているので、そこに違和感を感じたり感じなかったり

本当の被害者である関学の選手はどんな気持ちなのかなぁとも思ったりします

 

もちろんクソな大人の圧力のせいで反則行為をしてしまった日大アメフト部の選手も、見方によっては被害者なので、ある程度擁護されるべきだとは思いますが

 

ただ感情的になって監督やコーチを叩き表舞台から姿を消したとしても、本質的には何も変わりません

 

大事なのは、同じような事件が起きて新たな被害者を出さないようにすることですよね

 

で、そのために必要なのは、大学側の体制体育会系独特の体質を変えなければいけないのはもちろんですが

生徒(選手)側も自己防衛手段として「クソな大人の言うことは聞かない」ようにするのも重要かと思います

 

と言うのも、どれだけ今回の最大の加害者である監督やコーチがマスコミに晒し上げられて完膚無きまでに叩かれようとも、ある程度の権力を持ったクソな大人はどこに行ってもいるからです

残念ながら、そういった存在は完全に無くすことはできません

 

じゃあどうすればいいのかというと、無くならないものを無くそうとして躍起になり無駄な労力を割くのではなく

そんな存在が一定数いるという事を想定した上で行動すればいいわけです

 

今回の舞台は日本大学という教育機関のアメフト部内の問題ですが

他の部活であったり、中・高校だったり、もっと言うと会社や職場もそうなのですが

だいたいの場所には今回の監督のような人間が必ずいると最初から仮定してしまいます

 

で、そんな圧力をかけて自分に不利益な事をさせたり、どう考えても理屈が通らないような事を無理やりさせようとしてくる大人の言うことを聞かないようにするためには

重要なのは「自分の頭で考えて行動する」と言うことです

 

よほど思考停止していない限り、上の立場からの指示が正しいか正しくないかそれを行うことでどうなるのか誰が得して誰が損するのかは理解できるはずです

それが自分の時もあるし、自分以外の誰かの場合もあるでしょう

 

大体の場合は指示を出した側もそれを把握して、要は解って言ってるわけですが

もし指示した人がその指示の本質を解ってなさそうで、自分が解っている場合は遠慮せず反論しましょう

その時の言い方は大事ですけどね

 

で、指示した側が解って言ってるケースで、どう考えてもよろしくない結果になる場合

今回の日大の問題のようなケースでいうと

監督やコーチは結果が分かっているけど、あえてそれを自分にさせようとしている

でもそれをすると相手の選手は怪我するし、自分が加害者になってしまう

 

と言った場合には、もうフル無視しましょう

 

その結果その場所にいられなくなろうが、大事になるよりかは遥かにマシですし、加害者になることを自らの手で防ぐことができたので、後からいくらでも自分次第で違う道を選択することができます

 

圧力や脅しに耐えるのは辛いことです

件の選手も相当精神的に追いやられてしまったことでしょう

 

でも絶対にアホな大人の言うことを聞いてはいけません

 

もし自分の頭で考えることができたら、このように自己防衛できるだけでなく

どの人の言う事を聞けば自分が正しい道を進めるのかがわかるようになります

 

アホな大人と賢い大人を見分けることができるようになるんですね

 

そうすれば、いくらアホでクソな大人に何かを指示されようが、自分が加害者や被害者にならずに済みます

もし今いる場所にアホでクソな大人しかいないのなら、違う場所を選ぶこともできます

 

そうしているうちに、きっといい出会いがあるはずでしょう

 

もっと言うと、自分で考えて行動する人が増える事によって、アホでクソな大人が権力を持ってしまう事を防ぐことができます

 

アホな権力者に反対する人が増えて、その人の周りに人がいなくなると、その人自身が孤立してしまい、結果権力をなくすわけですね

 

と言うことはつまり…

逆を言うとそんな人間に権力を持たせてしまっているのは、思考停止して言い返せない周囲の人間なのです

 

ここまで読んだ人にはわかるかと思いますww

 

と言うわけで、そんなクソな大人をのさばらせないためにも

自分で自分の身を守るためにも

賢くなりましょう

 

スポンサーリンク







-ぼやき, 未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【お客様スタイル】くせ毛を生かしたパーマ風マッシュ

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …

【お客様スタイル】七三アップバングショート

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …

【衝撃の事実!!】陰毛は何故縮れているのか

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   昨 …

コミュ障の僕が人と接することができるようになった理由

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   & …

【お客様スタイル】アイロン無し!アップフローバングショート

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …