メンズ専門スタイリスト松田裕紀のブログ

大阪府堺市中百舌鳥町にあるメンズオンリー美容室CLOVERのスタイリスト Yuki Matsuda のブログ

未分類

そんなんだから理容業界が衰退してるんじゃないの?

投稿日:2017年9月20日 更新日:

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の

なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です

 

ご予約はHOTPEPPER Beauty

又はLINE@からできます!

友だち追加

 

先日Twitterでこんな記事が流れてきました

 

 

この記事を見た松田は怒ってます

ちょっとあまりに腹がたつのでボロカスに書きます

多少の誇張や過激な表現があるかもしれませんが、お許しください

スポンサーリンク



理容室は「おじさんが行く場所」「ダサイ」

   理容師の国家試験は年2回行われる。2009年夏の第20回理容師国家試験の受験申込者は前回よりも417人少ない1232人(受験者1208人)で、過去最低だった。5年前まで2000~3000人台だったが、ここ数年は減少傾向にある。

   国際理容美容専門学校(東京都荒川区)でも理容師を目指す学生が減っている。広報担当者は、

「若者にとって理容室はおじさんが行く場所、ダサイという先入観があり、実態を理解してもらえていません」

と嘆く。

 

はいみなさんここ注目です

 

「若者にとって理容室はおじさんが行く場所、ダサイという先入観があり、実態を理解してもらえていません」

と嘆く。

 

いやいやいやいやいやいや

ちょっと待てと

実態を理解してもらえてない」ってほんまに言うてます??

 

じゃあ25歳現役理容師←ここ大事 の松田から言わせてもらいますけど

理容業界ってダサいですよ

若者が勝手に先入観持ってるんじゃなくて

ダサいって言うのは事実ですよ

紛れもなくそれが理容業界の実態ですよ

 

街を見渡してください

少し歩けばおしゃれな美容室が山ほどあります

働いている美容師さんも超カッコいいです

男性からしたらおしゃれすぎて入るのをためらうくらいに

 

じゃあ理容室はどうでしょう

外観も内装もおしゃれとは言えず、お世辞にもかっこいいとは言えない理容師がたくさん

まさに THE 床屋 みたいな理容室がたまにある程度

 

もちろん全部が全部そうだとは言いません

オーナーか店長かのこだわり溢れたシックで大人な感じでスタイリッシュなかっこいい理容室も存在します

でも、世間一般の理容室のイメージがダサいのは、実際ダサいお店がたくさんあるからです

 

若者が理容室より美容室に行くのは、理容室より美容室の方がカッコいいからです

若者が理容師になりたがらず美容師に憧れるのは、理容師より美容師の方がカッコいいからです

みんなカッコよくなりたいんです

だからよりカッコいい方を選んでるだけなんです

実態を理解してもらえてないわけではなく、実態を重々理解した上での選択の結果が今の理容業界の現状なんです

人が減って当たり前なんです

実際に理容業に従事してる僕でもダサいと感じる実態があるのに、世間の若者がダサいと感じないわけがない

 

と言うかもうそれ以前の問題で、理容と美容が国家試験で別々になっていることを知っている一般の方は僕の経験上非常に少ないです

それくらい一般の方からしたらどうでもいいことなんです

だからそもそも、理美容業界に憧れを持ってる若い方の中に

理容師か美容師どっちにしよう?なんて選択肢は無いんです

同じ場所にすら立ててないんです

 

僕が美容師じゃなくて理容師になった理由は

元々美容師になろうと思って行った専門学校のオープンキャンパスで

「美容師もいいけど理容の方がお顔そりが出来るからいいよ〜!」

って言われて、当時はアホな高校生だった僕は

「一個出来ること多いならそっちの方が得やんけ!」

って思ってなっただけと言う単純なものです

 

つまりそもそも最初の段階で理容師になると言う選択肢すらありませんでした

おしゃれでかっこいい美容師になろうと思ってました

オープンキャンパス時の担当の方のその一言がなければ、僕は美容師になってました

理容師がカッコいい!なりたい!と思ってなったわけでは無いです

 

 

じゃあそんな現役理容師の僕が何故こんなに怒ってるのかと言うと

そういうことを理解してない理容業界の人が多すぎるからです

そして理解していないせいか、現状を変えようとせずに甘んじているからです

 

「実態を理解してもらえない」って、理解してくれない若者が悪いの??

人のせいなの??それって違うんじゃ無いの??

自分たちのせいじゃ無いの??

 

じゃあもう一万歩くらい譲って仮にダサく無いとしましょう

センスは人それぞれですから、全国の理容師さんは理容業界がカッコいいと思ってるとしましょう

じゃあそれって、世間にウケてるの??

ウケてたら、業界は進歩するんじゃ無いの??

じゃあここまで衰退してる理由はなんなの??

ウケてないからじゃないの??

 

じゃあ今のやり方は正しいの??

そのままでいいの??

結局理解してくれない世間の方が悪いの??

 

そんなんだから衰退するんですよ

消えていくんですよ

 

誰かが理容憎きで消そうとして消してるわけじゃないんですよ

自然淘汰なんですよ

 

 

   理容業界団体では中高生を対象にした職業体験を積極的に行っている。東京都では210店の理容室で職業体験の学生を受け入れている。ところが都理容生活衛生同業組合の担当者は「地道な活動で、急に志願者が増えるというものではない」という。そこで行政と協力し、新たな取り組みを行っている。

   東京都は福祉政策の一環として、2009年から理容士資格取得促進事業を行っている。一定所得以下の世帯を対象に、東京理容専修校に無料で通えるというもの。定員は通信課程(3年間)が20人、通学課程(2年間)が20人で、入学金、授業料、教材費など全額無料になる。

 

そうじゃないんですよ

体験させようが授業料がタダになろうが、惹かれるものが無ければなりたいと思わないんですよ

 

「今後はフリーターの若者に理容室に就職してもらい、雑務をしながら収入を得て、資格学校に通うという仕組みを作っていきたいと考えています。理容室は地域密着を強化することが生き残る道。お年寄りの家庭に出向く出張理容も構想しており、まだまだビジネスチャンスは見つけられます」

と話している。

 

フリーターの若者はそんな仕組みを求めてないんですよ

だってタダで理容師になるより、居酒屋やカフェの店員してた方がカッコいいし

単純に同じ時間働くとしたら、バイトしてた方が給料はいいでしょ?

それに、なりたくって自分からお金払って専門学校行って国家試験合格して新卒で働き始めた人でさえ3年以内にほぼ離職していく業界なのに

正社員になりたいけど他に就職先がなくて学費がタダだからってだけでなった人が続く仕事ではないです

どんな仕事でもしんどいことは絶対にあるから、理美容業界に限ったことじゃないけど

どうせ何しても楽はできないんなら、めっちゃ勉強して公務員にでもなった方が給料は安定してるし休日もたくさんあるし福利厚生もちゃんとしてるでしょ?

じゃあしんどい思いしてまで敢えて理容業界を選ぶ理由なんてないでしょ?

 

 

 

もうみんな気づいてると思うけど

本気で業界を盛り上げたいと思ってるなら、するべきことはそういうことじゃないんじゃない??

大事なのは中身を変えることでしょ

理容室はおじさんがいく場所、ダサい

そんなイメージを変えることでしょ

こんな簡単なロジックも解らずに、同じことを何十年も続けてきたから理容業界は衰退してるんだってことを認めることでしょ

 

 

いい加減目醒ましませんか??

 

 

散々ボロカスに書きましたが、僕は理美容の仕事が大好きです

技術を通してお客様をカッコよくし、喜んでいただき、人生をよりよくできる最高の仕事だと思います

それなのに業界がこんな状態だったら非常にもったいない

もっと可能性を秘めた業界です

でも熱意だけでは変わりません

誰かのせいにしても変わりません

生かすも殺すも理容師次第

 

それでも理解したくないなら、どうぞご自由に衰退なさってください

 

 

僕は意地でも盛り上げて面白い未来を見たいので、どうするべきかを考えて行動します

 

スポンサーリンク




-未分類
-, , , , , , , , ,


  1. […]  メンズ専門スタイリスト松田裕紀のブログ そんなんだから理容業界が衰退してるんじゃないの?https://yukimatsuda.com/decline-barber/ 先日Twitterでこんな記事が流れてきました &nb […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

他人を気にすることに時間を使うか、自分を高めることに時間を使うか

  先日ふとスマホのロック画面を見たら、前の職場で当時後輩だった人から僕のインスタグラムの投稿に”いいね!”をされたとの通知が来ていました     その元後輩からは僕のS …

ナカノの新作試してみた

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   & …

年を忘れる

  2017年も残り2週間を切りました   僕にとっては激動の一年だった今年も、もうすぐ終わりです   来年はどんな楽しいことが待っているのか   既にワクワク …

【お客様スタイル】ソフモヒベリーショート!

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …

生まれる物と消える物

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   & …