メンズ専門スタイリスト松田裕紀のブログ

大阪府堺市中百舌鳥町にあるメンズオンリー美容室CLOVERのスタイリスト Yuki Matsuda のブログ

ぼやき ヘアスタイル 未分類

【安かろう悪かろう】サロンカラーとホームカラーの違い

投稿日:2018年1月30日 更新日:

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』

なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です

 

ご予約はHOTPEPPER Beauty

又はLINE@からできます!

友だち追加

 

今回のテーマはこちら

 

 

「市販のカラー剤とはやっぱり違うんですか?」

というご質問です

 

結論から言うと全然違います

どのくらい違うかと言うと絹豆腐木綿豆腐くらい違います

四川風広東風くらい違います

◯美屋C◯◯k d◯くらい違います

 

と言うわけで今回は「メーカー別の麻婆豆腐の違い」について解説していきたいと思います

 

 

 

間違えました

「サロンカラーとホームカラーの違い」について解説します

ごめんなさい

 

スポンサーリンク



ダメージの違い

 

一般的に「市販のものは髪が痛みやすい」なんていうのはよく耳にしますね

これは本当のことなのですが、だからと言ってサロンカラーは痛まないなんてことはありません

お薬を使う以上、多少なりともダメージは受けしまいます…

 

しかし、ホームカラーの場合はダメージの調整はできないものの

サロンカラーの場合、そのダメージを最小限にすることはできます

 

その違いの秘密は内容成分にあります

 

カラー剤は1剤2剤の2種類で構成されていて

1剤は酸化染料アルカリ剤

2剤は酸化剤(過酸化水素水)

と言う成分なのですが、それらを混ぜ合わせることによって酸化染料が発色します

 

1剤には髪の表面のキューティクルを開く役割などがあるアルカリ剤が含まれているのですが、

主にサロンカラーの場合はアンモニア

ホームカラーの場合はモノエタノールアミン 

と、使用されるアルカリ剤がそれぞれ違います

 

アンモニアはphが高く揮発しやすく毛髪内部に残留しにくいため除去しやすいと言った特徴があります

なので染色後の時間経過によるダメージは低く抑えられるのですが、代わりに独特の刺激臭があります

 

モノエタノールアミンはphは低いものの、時間とともにphが高くなり、毛髪内部に残留しやすくなっています

そのためアンモニアに比べ時間経過によるダメージが高くなりますが、臭いは控えめです

 

アルカリが髪に残留することでキューティクルが開きっぱなしになり、そこから髪の中の成分抜け出すため、乾燥してパサつき退色も早く、開きっぱなしのキューティクルが剥がれ落ちて行くためにゴワツキも出ます

 

 

そして1剤だけでなく2剤にも違いがあります

成分的にはサロンカラーもホームカラーも同じ過酸化水素水を使用しているのですが、大きな違いはその濃度にあります

 

日本においては使用できる限界の濃度が決まっており、上限が6%です

基本的に濃度が高ければ高いほどお薬の作用は強くなり、それに比例してダメージも大きくなります

 

サロンカラーの場合は髪の状態(ダメージレベル)カラーやパーマなどの施術履歴求める色味によって1.5%3%6%などの使い分けをするのですが

ホームカラーの場合、どんな髪質の人でも自分で塗った時に簡単に染められるよう6%のみと強めになっています

 

主に上記の2点によって、染めた後のダメージに違いが出てきます

 

色ムラの違い

 

ホームカラーでは当たり前ですが基本的には自分で塗ることになります

家族や友人に塗ってもらうこともあるかもしれませんが、だいたいの場合は素人さんが塗ることになります

そうなると塗布量にバラツキが出たり塗れていない部分が出てきたりもして、それが色ムラにつながります

 

サロンカラーの場合は、髪の状態や求める色味によってお薬を塗り分けたり、部分によってあえて塗布量や時間の差をつけることによって全体がムラ無く染まるようにしています

 

ちなみにお店にもよると思いますが、”基本的には頭皮につけないよう”に塗布するので、安全面の観点でも安心です

 

色の種類の違い

 

ホームカラーの場合は一般の方(素人)が使うのが前提で作られているため、色ムラなどが出ず失敗しにくい色味が基本となっています

そのため色のバリエーションが少なくなっています

 

サロンカラーの場合はプロの理美容師が使用するのが前提で作られており、求める色味を表現しやすくするために色調の設定がしやすくなっています

また、異なる色味混ぜ合わせることによって求める色味を作り出したりもするので、その組み合わせは無限です

 

 

まとめ

 

その他にも、サロンカラーの場合は髪のダメージレベルに合わせて前処理や後処理をしたりと細かな違いはありますが、主な違いは上記の3点が大きいと思われます

 

サロンカラーがホームカラーに比べて金額がかかるのにはこんな理由があったんです

 

我々プロの理美容師としては出来るだけサロンでのカラーをオススメするのですが

料金や時間など、人によってはどちらにもメリット・デメリットはあるので、一概には「サロンカラーの方が絶対いい!!」とは言えません

 

どうか貴方に合った方法が見つかり、素敵なカラーリングライフが送れますように

 

 

ご質問はこちらからどうぞ

 

スポンサーリンク







-ぼやき, ヘアスタイル, 未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仕事始め

今日から元気に仕事初めでございます 皆様初日から沢山のご予約・ご連絡をいただきありがとうございます   今年もなかもずで一番丁寧なスタイリストとして、目の前のお客様をカッコよくし、いかに喜ん …

【お客様スタイル】透明感のあるグレーアッシュ

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   リ …

お題・質問募集しています

どうもご存知、松田裕紀です   皆様お気づきかもしれませんが、最近やたらと短いブログがちょこちょこあると思います   飲み会の途中でベロベロに酔っ払いながら書いたりした時にそうなっ …

BMIとはなんなのか

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   & …

犬がだんだん怖くなってきた

なかもずで一番入りにくい理容室『CLOVER』の なかもずで一番丁寧なスタイリスト 松田裕紀です   ご予約はHOTPEPPER Beauty 又はLINE@からできます!   & …